【向日葵の教会と長い夏休み】応援中!


タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




何気ない日常のひとかけら



スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

神曲奏界ポリフォニカ ディサイディング・クリムゾン

2012.11.20(06:46) 202

結構前から終わりそうな気がしてならないポリフォニカワールドのルーツ・クリムゾンシリーズ。
まぁ、事実、今作のあとがきで作者の榊一郎氏は、「フォロンとコーティの物語にひとつの幕が下りる」とおっしゃっています。クリムゾンシリーズは中学生の頃から何度も読み返している作品だけにちょっと寂しかったり寂しくなかったり。しかし、終わりがあるということは新たな始まりがある可能性があるということでもあって、あるならばどういう物語が広がっていくのか楽しみではありますね。

そういや、あとがきを読んでいたら、ポリフォニカって元はDL販売ゲームだったってことですけど、私はそんなの知りもしなかったです。その頃は多分、私とか中学生ですかね? そうなると、私が漫画を知っていても、PCゲーム・ライトノベルっていうのをまったく知らない時代ですね(←何があったらこうなった。 初めてポリフォニカシリーズを見たのは兄上の部屋でしたが、1年くらいすっかり存在を忘れた後に「あぁ、こんなのあったっけ・・・」とか思いながら読んだ頃が懐かしいです(つまり、兄上の所有物だった。※色々と端折っています。

話は相変わらず逸れ気味ですが、今作と前作の間が1年以上あいていたこともあって、待ち遠しいこと仕方なかったです(←この間、他の作品に悶えていたのは明白。学生編とかも出ていましたが、そちらはocelotでゲーム製品として出ているのを読み終えているので、金銭的な都合上スルーさせてもらってます。後々には買うのは見えてるんですけどね。次作は今回のようにはならないはずというのを信じて、期待しています・・・が、前述のように幕が下りると言われているとですね、現状が好きな私としては時間が開いてくれるのも悪くはないかと思ったりもします。しかし、やっぱり早く発売して! 気になって仕方がないッ!(←妄想全開させるんだけどね。 あれ?でも、脳的には時間が開いた方がありがたいかも・・・。まぁ、どっちでもいいので、良い感じのとこで発売してください。

そう、本編について書くと思っている人がいるかも知れませんが、私は書く気がないのであしからず(←今頃過ぎる。 さて、本編について書かないということは書くことがなくなるのも速いということでして・・・。最後に、神無月昇先生の絵、結構変わったかなー・・・他、本編の感想って感じた一冊でした。

そういや、ポリフォニカワールド全体だと既に60冊を超えているということです。複数人の作家・絵師でやってる訳ですが、凄いですね。いや、むしろ複数人でやってるからこそ凄いのかもしれません。未だに他のシリーズが中途半端なままなので、さっさと買って読んでしまいたいとこですね。ホワイトシリーズ、好きなのに放置しちゃってますし。



スポンサーサイト




何気ない日常のひとかけら



コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://topassleisuretime.blog25.fc2.com/tb.php/202-858bcc6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プラグインタイトル Simple guide

本ブログについては
ABOUTをご覧ください。
適当ではありますが、
少々書いてあります。
--------------------
連絡先はについては
こちらをご覧ください。

プラグインタイトル 未発売作品 応援バナー 1

プラグインタイトル 発売済作品 応援バナー 1

花色ヘプタグラム 応援中!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。