【向日葵の教会と長い夏休み】応援中!


タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




何気ない日常のひとかけら



スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

あぁ、今年も終わりじゃないですか!

2012.12.21(03:18) 205

なんだかんだで前回の更新から1ヶ月も立っていることにびっくりしつつ、もう今年も終わりじゃねぇか・・・と痛感しております。私もめでたくなくモラトリアム期間を来年度で卒業?と考えると・・・人間って、何年経っても変わらないし、面倒ね・・・って考えたりします。ってな訳で、思いっ切り就活生になっていなければならないはずなんですがねぇ・・・いまいち、しっくり来ない・・・。私的にすべての職業でこんなことで金をもらってていいのだろうか?っていうのが、どこかにあるのかもしれませんね(←多分、この人、原始的農耕狩猟民。さぁ、こんなので就職は大丈夫なのでしょうかね?

さて、2012年ですが、私は何をしたでしょうか・・・私的に何もしてないですね。間違いなく、2006年頃の方が人間らしかった気がしますし、変なことはしてた気がします。ちょっと今年でも振り返ってみるとそんな感じになっていますね(←いつのときだって、きっとこう。

世間様では、国政選挙がありましたね。日本人は幼少期から義務的な英才教育を受けているので、予想通りの結果でしたね。まぁ、私も投票してきましたが、支持政党がないので、弱小政党に票を投げることにしました。多分、無効票になっている可能性もありえますがね。おっと、支持政党がないっていう表現はいけないかもしれませんね・・・支持できる政党が存在し得ないと言っときましょう。さぁ、民主党の政権交代からあっという間に元の政権に戻ってしまったので、これからはまた自民党がやっていく訳ですが、未来は変わらない。悪くなるでしょう。国政選挙といえば、日本の前後にアメリカ・韓国でもありましたね。アメリカはオバマ氏が再選、韓国は初の女性が当選してましたね(←名前、忘れた。はぁ、考えているだけで気持ちが沈みます、止めましょう。

そういや、年末の恒例イベントが近いですが・・・私も参加します。来週の頭は大阪・名古屋にいるでしょうけど、中頃には東京にいますよ。そんな訳で、多分、今年の更新はこれが最後でしょう。東京では多分、遠縁の親戚と子供の相手をしたりしてるんじゃないですかね。まぁ、少しでも未来の投資になればと思っていくんですけど、ちょっと末のイベントのことも考えると悪影響が心配であったりします。

さて、私の行く末、いか様になるか決まる2013年を迎える訳ですが、私自身、楽しみ過ぎてニヤけております。それが歓喜であろうが、絶望であろうが・・・たとえ泣くことに死ぬことになろうとも・・・。私はいつだって、森羅万象を食い物にする怪物でありたいのですから。

では、最後に、来年はもっと更新されるかされなくなるかはわかりませんが、どうかよろしくお願いします。あなたの"旅の一時の終わりと始まり"に幸多からんことを。

~END~




世界はいつだって、様々なことに満ち満ち溢れている。

私たち、人間と呼ばれるもの達は常に考えなければならない。

「何故?」
それは教えられない。
汝、考えよ。人間と呼ばれるもの達が常に考えねばならぬ理由を。
汝、考えよ。我が答えられぬ理由を。

「何を?」
答えはない。それは身体という器の中にある汝が選び給え。
汝は自由なのだから。

「いつまで?」
終わりは訪れぬ。
その器がその内が朽ち果てるまで。

「やめたらどうなるの?」
古のある聖者は一言だけ告げた。
「人は考える葦である」と。

さぁ、あとのすべての疑問も答えも汝、考えよ。
森羅万象は汝と共にあり。
これらすべてを言とし、他に伝うること、誠に難業なり。
故に、古の聖者たちは告げる。
ただ一言だけを・・・。

我は聖者にあらず。
しかし、古の聖者に敬意を持ち、習おうではないか。
これを目する何処の汝がために。
「考えるとは至高の宝なり」

今日も世界には満ち満ちている、言葉にできないことが・・・。


スポンサーサイト


何気ない日常のひとかけら



プラグインタイトル Simple guide

本ブログについては
ABOUTをご覧ください。
適当ではありますが、
少々書いてあります。
--------------------
連絡先はについては
こちらをご覧ください。

プラグインタイトル 未発売作品 応援バナー 1

プラグインタイトル 発売済作品 応援バナー 1

花色ヘプタグラム 応援中!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。